今日から使える台湾華語

レトロな建物が今も立ち並ぶ、迪化街

レトロな建物が今も立ち並ぶ台北市にある商店街の一つ、迪化街(díhuàjiē)をご紹介します。

なんと、この街は1851年から商店街として存在したそうです。昔から存在している街のことをよく、老街(lǎojiē)と言います。

当時から、問屋街として、お茶や、茶器・布製品などの雑貨、漢方の材料などを売っているお店が立ち並んでいます。

雑貨は雜貨(záhuò)、 漢方などの材料などは、中藥(zhǒngyào)と言います。漢方の材料だけではなく、台湾料理でよく使う、きくらげ、干し貝柱や乾燥エビ、干し椎茸などの食材をお手頃な価格で購入できます。

少し路地に入ると、お洒落なカフェもあったり、写真映えのする場所があったりするので、散歩にはぴったりの場所です。

お洒落なカフェのことを、よく文青咖啡店(wénqīngkāfēidìan)と言います。SNSなどでお洒落なカフェを調べたい時は、この言葉を使うと見つけやすいです。

また、近くには永樂市場(yǒnglèshìcháng)という市場があって、週末はとても賑わっています。市場の中に寿司屋があったり、油飯といっておこわ弁当の有名なお店があったりしますので、お腹が空いたら、市場で美味しいものを見つけてみるのも良いかもしれません。

台北駅から、そこまで遠くないので、歩いて行くことも出来ますし、近くの捷運の駅まで乗って、歩いてすぐですので、是非お気軽に寄ってみてくださいね。

 

❀今日から使える台湾華語❀

①迪化街(díhuàjiē)

②老街(lǎojiē)

③雑貨 雜貨(záhuò)

④漢方などの材料 中藥(zhǒngyào)

⑤お洒落なカフェ 文青咖啡店(wénqīngkāfēidìan)

⑥永樂市場(yǒnglèshìcháng)

 

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾の行きたい場所が見つかる絵本

  2. 台湾の南に位置するリゾート地、墾丁。

  3. 台湾の大学の食堂を覗いてみよう

  4. 台湾から甲子園出場へ(嘉義の旅)

  5. 台中に観光地 彩虹眷村

  6. 何でも料理が出来る優れモノの台湾家電

オンラインレッスン体験談