利用規約

利用規約

第一条(目的・契約成立時期)
1.C-Tutor(以下 甲)は、受講者(以下 乙)が提供したデータに基づき、授業を提供するサービスです。
2.甲のサービスを受ける者乙は、本サービス利用規約を了承し、遵守する事を承諾した上でレッスンの予約申し込みするものとします。
3.契約の成立時期は、乙が甲に対してレッスンの予約申し込みの意思表示をした時点です。

第二条(利用者)
1.本規約は甲によるサービスを、乙が利用する一切の事に適用されます。
2.本サービスを利用する事ができる者は、単独で法的責務を負う事のできる者とします。
3.20歳未満の未成年者が利用する場合は、法定代理人の承諾が必要となります。
4.乙は日本国籍を有する者とします。
5.乙は反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。)で無いと証明できる者とします。証明できない者、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っている者は、甲が提供する一切のサービスを利用できないものとします。
6.5項は過去、現在に関わらず、反社会的勢力等に一度でも協力若しくは何らかの形で関与した者を指します。
7.過去に甲が運営するサービスにおいて契約に違反した者またはその関係者であると甲が判断した場合、甲が提供する全てのサービスを利用できないものとします。

第三条(サービス内容・サービス開始時期)

1.中国語のレッスンを提供するサービス。
2.本サービスは、乙が本規約に準じ、レッスン予約を完了させ入金の確認が取れ次第開始することができます。

第四条(規約の変更)
1.甲は乙に告知無しに随時本規約を改定する事ができるものとします。
2.乙は規約改定後、変更後の規約に従うものとします。
3.但し、乙の不利益になる規約の変更をする場合は、甲はあらかじめ乙に告知するものとします。

第五条(乙による契約の解除(以下退会))
1.乙は甲に対し、退会の通知をする事によって退会する事ができます。
2.乙が未成年者の場合、乙又は乙の法定代理人からの退会申し出によって退会する事ができます。

第六条(甲による契約の解除)
甲は乙が以下のいずれかに該当した場合、本契約及び本契約を前提として締結された全ての契約を、乙の承諾無しに解除することができるものとします。
1.虚偽の内容を記載若しくは甲に伝えた場合。
2.本規約のいずれか一つにでも違反した場合。
3.受講料を支払わなかった場合、もしくは受講料の金額交渉、個人契約の交渉を行った場合。
4.甲又は講師に対して、何らかの損害を与える行為をした場合。
5.甲又は講師に対してのセクハラ行為、ストーカー行為、威圧感を与える行為、暴力、暴言、侮辱的言動その他、それに準ずる行為があった場合。
※ 刑事罰の対象となる行為については、警察に通報する事になります。
6.その他契約者として甲が不適切と判断した場合。
7.1項~5項により、発生した損害の全ての費用について、甲は乙に請求できるものとする。

第七条(利用料金、支払い時期・方法)
1.乙は入会の意思表示があった時点、又は講師と次回レッスンを約束した時点で利用料金を甲に支払う義務が生じます。
2.上記1項の支払い期日は、入会の意思表示をした日から7日目までとし、期日までに甲から指定された口座に振込むもしくはクレジットカード決済にて支払うものとします。

第八条(返金・キャンセル料等)
1.事情の如何に関わらず返金はできません。
2.お約束したレッスンを止むを得ずキャンセルする場合は、前日18時までに甲に連絡するものとします。
3.当日キャンセルは当日予約したレッスン数を消化したものとします。

第九条(免責事項)
甲は、以下の事項又はそれに準ずるトラブルに起因する損害及び法律上の一切の責任は負わないものとします。
1.乙が、住所、電話番号、メールアドレス等の変更の連絡を怠ったため、甲よりお送りする重要な情報が届かず、乙に不利益が生じた場合。
2.乙の都合により、甲からの連絡が届かず、乙に不利益が生じた場合。
3.レッスン中及びその前後の事故(災害、盗難、カフェ等にいる他のお客様やお店側とのトラブル等)。
4.甲の責任によるものでは無い、通信事情等の事故、又はコンピューターウイルス等による乙の損害。
5.乙と講師との間での、レッスン料又は教材等金品の貸し借りに起因するトラブル、又は私的関係に起因するトラブルによる損害。
6.乙が本規約を読まなかった事による、乙の損害。

第十条(損害賠償)
1.乙が本サービスの利用に関連して甲に損害を与えた場合、乙の費用と責任において、甲に対して損害(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
2.乙の行為により、第三者から甲が損害賠償等の請求をされた場合には、乙の費用と責任で、これを解決するものとします。甲が、当該第三者に対して、損害賠償金その他の費用を支出した場合には、乙は、甲に対して、甲に生じた一切の費用(損害賠償金及び弁護士費用を含みます。)を支払うものとします。

第十一条(禁止事項)
乙は、本サービスを利用するにあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
1.虚偽の申告、申請等を行う行為。
2.利用料金等の支払いを拒否する行為、又は支払いをしない行為。
3.甲が紹介した講師を、自己の営利目的や営業活動に利用する行為、自己の利益のために利用する行為。
4.当サイトで知り得た情報を、会員資格のある期間及び退会後も自己又は第三者のために使用・利用したり、開示する行為。
5.入会を見送り又は、入会の意思表示無しで、甲が紹介した講師に個別に接触を試みる行為。
6.退会後、甲の承諾無しに担当の講師にレッスンの依頼をする行為。
7.法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為。
8.甲、本サービスの他の利用者又はその他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為。
9.公序良俗に反する行為。
10.甲、本サービスの他の利用者又はその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為。
11.インターネット等の何らかの手段を用いて、甲、本サービスの他の利用者又はその他の第三者の名誉または信用を毀損する行為。
12.甲の運営を妨害するおそれのある行為。
13.本サービスの他の利用者の情報を収集する行為。
14.甲、本サービスの他の利用者又はその他の第三者に不快感を与える行為。
15.異性との出会いを目的若しくは目的の一部として本サービスを利用する行為。本サービスを利用中、異性との交流を目的として本サービスを利用していると甲が判断した場合はその時点で強制退会とする。以後、甲が運営する全てのサービスを利用できないものとします。

※ 乙が上記各事項に違反した場合は強制退会となり、返金は致しません。以後、甲が運営する全てのサービスを利用できないものとします。

第十二条(講師との直接取引の禁止)
1.乙は、本サービスを通じて知り合った講師から、本サービスを利用せずに家庭教師サービスを受け、または生徒その他第三者に家庭教師サービスを受けさせてはなりません。ただし、甲が本サービスの提供を永続的に終了した後についてはこの限りではありません。
2.乙が前項の規定に違反した場合、乙は、本サービスを利用していたならば乙が甲に支払ったであろう本サービスの受講料の3倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)の違約金を、講師と連帯して、直ちに甲に支払わなければなりません。
3.乙は、甲が前項の違約金の請求にあたって弁護士費用その他費用を要した場合には、その費用についても講師と連帯して、直ちに甲に支払わなければなりません。

附則
1.講師の都合(帰国・引越・出産・就職等)により、レッスンの継続が不可能になった場合は、新しい講師と体験レッスンを再度行い、レッスンを継続する事になります。
2.その他上記以外の問題が生じた場合、双方が誠意を持って対処するものとします。

以上
2020年7月15日改定
2019年4月1日施行