今日から使える台湾華語

環境にやさしい電動バイク

写真の箱のようなもの、一体何か分かりましたか?

これは、電動バイクのバッテリー交換ステーションです。台湾に来た事がある方は、既にご存じかと思いますが、朝の通勤時間は車よりバイクの渋滞に出くわすことが多いほど、日本よりはるかにバイクに乗っている人が多いです。バイクの排気ガスは台湾の空気が悪い原因の一つです。そのような中、最近乗る人が増えているのが、電動バイク”gogoro”です。

電動バイクは、電動機車(diàndòngjīchē)と言います。バイクに乗ることは、騎機車(qíjīchē)と言います。ちなみに、車は、汽車(qìchē)と言います。漢字を見ると、日本では汽車(列車)なので、ご注意くださいね。

この電動バイクgogoroは、台湾のベンチャー企業が開発したもので、創業は2011年とまだ新しい企業です。一番お手頃価格な機種で、約30万円ほどですが、良い機能やデザインなどで100万近くする機種もあります。電池は月払いとなっており、バッテリー交換ステーションですぐに電池を交換することが出来ます。大体30km/hで150㎞走行できるようです。バッテリー交換ステーションは年々増えているそうで、コンビニや駐車場の近くに建てられており、台湾全土で10000箇所以上にも及んでいるそうです。

電動バイクにすることで、最大85%の大気汚染を減少させることが出来るという研究もあるそうです。環境は(huánjìn)と言います。

環境に良い電動バイクに乗る人が増えてくれることを期待しています。

 

❀今日から使える台湾華語❀

①電動バイク  電動機車(diàndòngjīchē)

②バイクに乗る  騎機車(qíjīchē)

③車  汽車(qìchē)

④環境 (huánjìn)

 

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾は果物天国!屋台の果物はどんなものがある?

  2. 二匹のトラ

  3. 日本と違う?バスの乗車方法とは

  4. 台湾の餃子といえば、焼き餃子ではなく水餃子!?

  5. 台北の観光で迷ったらこれ!

  6. 台湾でもデリバリーは充実!

オンラインレッスン体験談