今日から使える台湾華語

台湾でもデリバリーは充実!

台湾でも緑の箱を積んだバイクが町中あちこちで走っています。

代表的なデリバリー専門のUberEatsです。台湾でもデリバリ-する人が多く、街中で多くのバイクが走っています。日本では自転車でデリバリーを行っている方もいるかと思いますが、台湾ではほぼバイクでのデリバリーです。UberEatsとともに、ピンク色の箱が特徴的なfoodpandaのデリバリーも多いです。デリバリーは外送(wàisòng)と言います。デリバリーを運んでくれるスタッフは、外送員(wàisòngyuán)と言います。また、デリバリーを頼むことは中国語で、叫(jiào)UberEats/foodpandaと言います。

下の写真をご覧いただくと、外送餐飲置放處(wàisòngcānyǐnzhìfàngchù)と書いてあるのがお分かりでしょうか。

セキュリティ関係のこともあり、マンションの1階やロビーにデリバリー専用の場所を設けていることも多いです。

タピオカミルクティー一杯でも頼む人は少なくはないです。もちろんお店より少し価格設定は上がりますが、サービス料は40元程なので、日本のサービス料より少し安いです。また、デリバリーをしてくれた外送員チップを払う制度もあります。チップは小費(xiǎofèi)と言います。

台湾では、レストランやファーストフード店等の飲食店だけではありません。コンビニ、スーパー、薬局、市場の野菜まで様々な商品のデリバリーをしてくれます。とても便利なため、ついついデリバリーを頼ってしまいがちになってしまいます。

 

❀今日から使える台湾華語❀

①デリバリー 外送(wàisòng)

②デリバリースタッフ 外送員(wàisòngyuán)

③デリバリーを頼むこと 叫(jiào)UberEats/foodpanda

④チップ 小費(xiǎofèi)

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. あのジブリは中国語でなんていうの!?

  2. 2月28日は台湾の平和記念日

  3. 台南のドラマ撮影人気観光スポット

  4. 台湾のパワースポット龍山寺でお参りを!

  5. 観光客にも大人気な知本温泉。

  6. 台湾のお墓参り

オンラインレッスン体験談