今日から使える台湾華語

梅雨到来!この時期に欠かせないものとは・・・

台湾は5月頃から梅雨の時期になり、雨の日が続いています。

梅雨は、漢字は一緒、(méiyǔ)と言います。

台湾の梅雨の時期は大体5月上旬〜6月下旬まで続きます。

ジメジメしていることを、潮湿(chǎoshī)と言います。

今の時期、毎日つぶやいている言葉です。

梅雨の時期、台湾で大活躍している家電といえば、除湿機です。(chúshījī)と言います。たった数時間で、水が満タンになるくらい、家の中がジメジメしていますが、除湿機のおかげで少し快適になります。

快適だ、とても気持ちが良いことを、舒服(shūfu)と言います。天気が良くて気持ちが良いときなどにも使える便利な言葉です。

梅雨の時期以外でも雨が多い台湾では、除湿機は必須アイテムです。ただし、日本では特に冬の時期、加湿器が必須かと思いますが、加湿器は必要ないでしょう。

加湿器は、加湿機(jiāshījī)と言います。

 

最後に、梅雨の時期ならではの動物をご紹介。

下の写真は、梅雨の時期からたくさん現れる、日本でもお馴染みのカタツムリです。蝸牛(guāniú)と言います。牛のような角があるからですね。

写真では少し分かりにくいですが、殻がとっても大きくて、立派なカタツムリでした。

 

台湾の暑い夏まであともう少しです。

 

❀今日から使える台湾華語❀

①梅雨  (méiyǔ)

②ジメジメしている  潮湿(chǎoshī)

③快適、とても気持ちが良いこと 舒服(shūfu)

④除湿機 (chúshījī)

⑤カタツムリ 蝸牛(guāniú)

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. これは何の案内?(台湾の最新コロナ事情)

オンラインレッスン体験談