日常で使える台湾華語

アクセントの違いで全く違う言葉に!

中国語には4声と呼ばれるものがあるのをみなさんご存知ですか?

実は中国語は同じ音でも四声が変わるだけで全く違う意味になります。

例えば、中国語の「買」と「賣」は日本語でそれぞれ「買う」と「売る」という意味になります。ですがどちらも読み方は「mai」です

買うの意味がある買の発音は「mǎi」で3声です。

売るの意味がある賣の発音は「mài」で4声です。

このように音は同じなのにアクセント一つで真逆の意味になってしまいます。

他にも媽麻馬罵という全てmaの音でもアクセントで全く違う意味になります。

媽mā,麻má 馬mǎ 罵màというようになります。

媽māはお母さん、麻máは麻、馬mǎは馬、罵màは叱るという意味になります。

全て発音にすると同じ「マ」ですが、意味が全て変わってしまいます。

そのくらい中国語は発音の際にアクセントが重要になってきます。

最初は2声と3声の違いが難しかったりと苦戦すると思いますが、間違いを恐れずにどんどん発音することが大事です。

他にも同じ音でもアクセントで意味が変わってくる言葉があるので、ぜひ探してみてくださいね!

そしてしっかりと区別ができるようになると、中国語の発音も綺麗にできるようになりますよ!

 

☆今日の台湾華語☆

意味

意思 yì si

発音

發音 fā yīn

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾旅行者必見!台湾到着後にNT $5000が当たるチャンス!

  2. 台湾の女性はあまり化粧をしない!?

  3. 台湾には日本のキャラクター商品が溢れてる!

  4. 絶景の花蓮で癒されよう!

  5. 台湾旅行にいったら絶対食べたい!熱々小籠包

  6. 雲林を満喫しよう!

オンラインレッスン体験談