台湾グルメ

台湾のホットドッグ

皆さんは大腸包小腸という食べ物を食べたことがありますか?これは台湾のホットドッグとよばれる食べ物です。
夜市では必ず売ってある食べ物で、夜以外にも屋台で大腸包小腸を売っているお店があるほど、台湾人に親しまれています。
台湾ホットドッグとはいうものの味は全く違います。大腸包小腸は以前紹介した台湾のソーセージ(小腸)をもち米でできたソーセージのようなもので挟んだ食べ物です。形はたしかにホットドッグに似てなくもないです。満足感も似ているかもしれません。もち米の甘みと台湾ソーセージの独特な甘みがとても合って美味しいです。ニンニクやパクチーを付けてくれるお店もあり、ニンニクをトッピングすると日本人がとても好きな味になると思います。
1600年頃に台湾に渡来した客家人(はっかじん)とよばれる民族が仕事に行く際にこの大腸包小腸を持って行っていました。それから台湾人にも広まり夜市で人気の商品になったそうです。
皆さんもぜひ食べてみてください。
【中国語】
大腸包小腸 dà cháng bāo xiǎo cháng 台湾ホットドッグ
糯米 nuò mǐ もち米
客家人 kè jiā rén はっかじん

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾のアイスクレープ

  2. 台湾式のマカロンとは

  3. 台湾の乳酸菌飲料

  4. 台湾カレーは蛍光黄色!?

  5. 台湾のふりかけ肉鬆とは

  6. 台湾の代表的な食文化、夜市を知ろう!

オンラインレッスン体験談