今日から使える台湾華語

料理をしながら中国語を学ぼう

先日、本屋についてご紹介しましたが、料理が好きな人にはおススメ、料理本を使って、料理の作り方に関する中国語をご紹介します。右の雑誌は、毎月発刊される、”快樂廚房”(kuàilèchúfáng)です。楽しいキッチンという意味です。2カ月に1回発行される料理雑誌の一つです。この号は、台湾で朝ごはんやおやつの定番料理、蔥油餅の作り方の特集でした。左側の料理本は、電鍋で出来るレシピ集です。”愛料理”(àiliàolǐ)、日本で言うCOOKPADのようなレシピサイトの人気レシピ集となっています。台湾料理を作ってみたい方は、”愛料理”を検索してみてもいいかもしれませんね。レシピは、食譜(shípǔ)と言います。

さて、下の写真をご覧ください。台湾の定番料理滷肉飯です。

材料(cáiliào)、調味料(tiáowèièliào)そして作り方は作法(zuòfǎ)と言います。

材料・調味料のところを見てみましょう。材料の油は少々:少許(shǎoxǔ)と言います。また、台湾では、よく㏄を使います。醤油は(jiàngyǒu)と言います。砂糖は糖(táng)、塩は鹽(yán)と言います。

作り方のところで、よく使われる中国語は、切るは切(qiè)、炒めることを拌炒(bànchǎo)、何かを加えることを 加入(jiārù)、もしくは倒入(dàorù)と言います。

料理本は、割と理解しやすいので、興味がある方は料理本、もしくはレシピサイトで中国語を学びながら台湾料理に挑戦してみてくださいね。

 

❀今日から使える台湾華語❀

①レシピ 食譜(shípǔ)

②材料(cáiliào)

③調味料(tiáowèièliào)

④作り方 作法(zuòfǎ)

⑤少々 少許(shǎoxǔ)

⑥醤油(jiàngyǒu)

⑦砂糖 糖(táng)

⑧塩 鹽(yán)

⑨切る 切(qiè)

⑩炒める 拌炒(bànchǎo)

⑪何かを加えること  加入(jiārù)、倒入(dàorù)

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 栄養満点フルーツの正体・・・

  2. ふわふわさくさく食感!台湾のふりかけ

  3. 台湾のホットドッグ

  4. 中秋節には月餅を楽しみましょう!

  5. 台湾の飲み物「緑茶」

  6. 台湾のモスバーガーに行ってみよう!

オンラインレッスン体験談