薬局で使える台湾華語

薬局で使える中国語を学ぼう!

今日は薬局で何気なく買っている商品の中国語を紹介します。

最近はとても寒くなり、日本では雪がちらついていますね。そこでみなさん一度は薬局やコンビニで買ったことがあるであろう商品がホッカイロです。ホッカイロは中国語で暖暖包 nuǎn nuǎn bāoと言います。また寒くなると体調を崩しやすくなります。風邪を引いてしまったら、風邪薬を飲みますよね。日本の風邪薬は台湾の方にとても人気です。風邪薬の中国語は感冒藥gǎn mào yàoと言います。そのほかにも頭痛や歯の痛みなどに使う鎮痛剤の中国語は止痛藥zhǐ tòng yàoといいます。

もし探している商品が見つからず、店員さんに場所を尋ねる場合は、探しているもの+在哪裡?zài nǎ liを使いましょう。例えばのど飴を探している場合はのど飴の中国語、喉糖 hóu tángに在哪裡?をつけて、喉糖在哪裡?となります。これでのど飴はどこですか?と言う意味になります。

寒くなって体調が悪いなと思ったら早めに病院にかかるか、風邪薬を飲みましょう。日頃からの手洗いうがいで体調に気をつけて楽しい年末を過ごしましょうね!

☆今日の台湾華語☆

体調が悪い

不舒服 bù shū fu

薬を飲む

吃藥 chī yào

 

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾の文化!原住民について知りたい!

  2. 湯包を食べてみよう!

  3. 台北101が見えるスポット「象山」とは?

  4. 宮原眼科ってどんな観光地?

  5. 台湾のカラオケ事情が気になる!

  6. 台湾式の朝ご飯を楽しもう!

オンラインレッスン体験談