日常で使える台湾華語

日本と台湾の学校の違いは?

日本と台湾の学生の違いを知っていますか?

私は今まで深く考えたことはなかったのですが、台湾に留学してから日本と台湾の学校はこんなところが違う!と驚いたことがいくつかあります。まず台湾では小学校に子供を通わせるのに家族が送り迎えをしています。下校時刻になると校門前にバイクで迎えに来た家族が所狭しと子供の帰りを待っています。日本でも家庭によるとは思いますが、友達と歩いて帰っていた記憶があるのですが、台湾では送り迎えをするのがメジャーなようです。また、教育に力を入れているので、そのまま塾に行って夜まで勉強しているということも聞いたことがあります。私が1番驚いたのは、お昼寝タイムがあるということです。台湾では午後の授業に集中して取り組むために、お昼ご飯の後に仮眠をとる時間があります。これは眠い人だけ仮眠をとるのではなく、校則として決まっているので寝ないと怒られてしまうそうですよ。小学校から高校まではこのお昼寝タイムがあるそうです。日本ではあまり馴染みはないですよね。

仮眠をとることでスッキリして午後の授業も集中して受けることができるそうですよ。

他にも日本とは違う学校文化があるので、気になる方はぜひ調べてみてくださいね!

☆今日の台湾華語☆

お昼寝

午睡 wǔ shùi

授業

上課 shàng kè

 

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾の大学の卒業シーズン

  2. 台湾で人気の便當を買ってみよう

  3. 台湾は果物天国!屋台の果物はどんなものがある?

  4. 台湾のソウルフード臭豆腐を食べてみよう!

  5. 大根餅は朝ご飯の定番!

  6. これは何の案内?(台湾の最新コロナ事情)

オンラインレッスン体験談