今日から使える台湾華語

台湾の行きたい場所が見つかる絵本

本日は、おススメの絵本をご紹介します。陳又凌さんの絵本「台灣地圖」という本です。地図の事は地圖(dìtú)と言います。ちなみに使っている方も多いであろうGooglemapは、估狗地圖(gūgǒudìtú)と言います。

ページを開くと、台湾全土がいくつものパートに分かれており、それぞれの地方の観光地などがイラストになっています。下のイラストは、台北市の様子が描かれています。有名な台北101タワーや、故宮核物館などが描かれていますね。

それぞれの地方がどこにあるのか、何が有名なのかをイラストで楽しく見ることが出来るので、見れば見るほど行きたい場所が見つかります。また、台湾にこのような地方があったのかと新しい発見もできます。

地図に関連して、方角についてご紹介します。東西南北は、(dōngxīnánběi)と言います。日本では北南が基準で、例えば、”北東”といいますが、台湾では東西が基準なので、日本の北東は、”東北”と言います。また、台北がある北部地方は、北部(běibù)と言います。また、国の外の場合は邊(biān)を使います。沖縄は台湾の北邊(běibiān)になります。

絵本の話に戻りますが、一番後ろのページには、台湾水果產地圖:果物産地地図もあり、美味しいフルーツを求めて旅することも面白いかもしれませんね。

この地圖を手にすると、もっと台湾が好きになるおススメの絵本です。

 

❀今日から使える台湾華語❀

①地図  地圖(dìtú)

②Googlemap  估狗地圖(gūgǒudìtú)

③東西南北 (dōngxīnánběi)

④北部地方は、北部(běibù)

⑤沖縄は台湾の北邊(běibiān)

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 台湾のカラオケ事情が気になる!

  2. 松屋“台湾上陸”5周年記念企画☆開催中

  3. 天燈が美しい十份は人生で一度は訪れたい場所。

  4. 大根餅は朝ご飯の定番!

  5. 【中級文法】既然〜就〜の文法を学ぼう!

  6. 台湾では旧正月(春節)が始まったよ!

オンラインレッスン体験談


https://twitter.com/mzking_tw/status/1475652503593435137?s=20