カラオケで使える台湾華語

台湾のカラオケ事情が気になる!

みなさんはKTVという言葉を聞いたことがありますか?

KTVとはカラオケのことです。

台湾ではカラオケのことを日本語の発音と同じく卡拉okと表示することもありますが、若者はKTVや歌を歌うという意味の唱歌「chàng gē」と言ったりします。

KTVには中国語の歌はもちろん、日本語の曲も沢山入っていることが多く、日本のカラオケとあまり変わりがないように感じます。

フードを頼むことができ、長時間楽しむことができます。

大学生などは夜にカラオケに行き、大人数で楽しむことが多いです。

エビ釣りもできるKTVもありますよ。

台湾では年配の方が日本語で演歌を歌っていることがあります。

台湾は親日国なので日本が好きという方が多く、特に年配の方は日本語が話せる方もいるので、日本語の歌を歌ってくれますよ。

台湾のカラオケでは店舗によりますが、サービスでのど飴が置いてあったり、カラオケルームも広々としています。

フードメニューも充実しているのでお腹が空いても安心です。

台湾人のカラオケのルールは特になく、歌いたい人が歌い、食べたい人は食べるという感じで自由にそれぞれが楽しみます。

もし機会があれば台湾でのカラオケを楽しみましょうね。

⭐︎今日の台湾華語⭐︎

ラップ、ヒップホップ

饒舌 ráo shá

カラオケで音楽を予約する

點歌 diǎn gē

 

台湾中国語・華語教室C-Tutorで中国語を一緒に学んでみませんか?🇹🇼🌟
中国語を習得するための近道は中国語を楽しむことです。
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

LINE無料相談 ≫

関連記事

  1. 嘉義で食べたい絶品グルメとは・・・

  2. 注音符號を使って台湾華語を勉強しよう

  3. 台南には魅力がいっぱい!

  4. 天燈が美しい十份は人生で一度は訪れたい場所。

  5. 台湾式の朝ご飯を楽しもう!

  6. 台中に観光地 彩虹眷村

オンラインレッスン体験談